てだこまつり2018のプログラムや前夜祭は?花火の数や穴場も!

スポンサーリンク







こんにちは!Shunです。

2018年もすっかり秋らしくなってきましたが、沖縄はまだまだ夏真っ盛りの暑さです!

ですので当然、祭りもまだまだ開催しますし、大きな祭りもこれからまだまだあります。

 

そこで今回は沖縄で大人気の祭りである「てだこまつり」を紹介したいと思います!

てだこまつりは1978年から行われている祭りで今年で41回目を迎えます。

去年までは7月に開催されており、今年は7月が近づいきても開催の情報が出回らなかったため「中止になったのか?」と憶測が飛ぶほどでした。(実際に僕も思いました。)

ですがしっかり調べるとちゃんと10月に開催されることが分かり、ホっと胸をなでおろしました。

しかし開催されるかまだ分からない人、開催されるのは知ってるけどどんなプログラムなのかは分からないという人、、まだまだいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方々のために、題して「てだこまつり2018のプログラムや前夜祭は?花火の数や穴場も!」という内容で紹介していきたいと思います!

それではいってみましょー!

スポンサーリンク

てだこまつり2018のプログラムや前夜祭は?

浦添市で行われるてだこ祭りは沖縄で抜群の知名度を誇る大人気のお祭りとなっています。

今年は10/26(金)前夜祭、10/27(土)・10/28(日)本番、となっています。

 

余談ですが関連イベントも10/21(日)にあります。(子供のスポーツ大会ですね。スポンサーが同じなのでしょうか?)

10/26(金)前夜祭ですが、時間が17:00~19:00、場所が屋冨祖通りで歩行者天国となっています。

こちら前夜祭といえどあんどるなかれ、ステージも設けられており、大道芸人によるパフォーマンスや沖縄のイケてるオジー、オバー達のカラオケ大会まであります。

屋台も多く出店しておりラストには地元青年会による※道ジュネーが行われ、もはや本格的なお祭りです。

道ジュネー(みちじゅねー)とは、沖縄県エイサーとともに行われている先祖供養のために行う芸能や祭りでの練り行列である。

引用元:wikipedia

ちなみに歩行者天国ですので車両の出入りは禁止なっていますので、近くのパーキングに停めていただくか、徒歩もしくは公共交通機関でお越しください。

続いて10/27(土)本番です。

老人クラブ輪投げ大会 9:00~12:00 てだこホール(市民交流室)
老人クラブカラオケ大会 13:00~15:30 てだこホール(大ホール)
文化協会舞台芸能(琉舞(子ども芸能)、詩吟、音楽、日本舞踊、新日本舞踊、ハワイアン) 13:00~20:00 てだこホール(小ホール)
てだこ火採火式 13:00~13:30 伊祖城跡公園
ちびっこカーニバル 16:00~16:20 メインステージ/ANA FIELD 浦添(浦添市陸上競技場)
ゲストライブ(ユッキー、Glean Piece) 16:30~17:10
てだこ火点火式
まつり開会宣言
てだこレディ発表
17:20~18:00
ゲストライブ(イクマあきら・城間健市・与那覇 歩・太陽風オーケストラ) 18:10~19:10
浦添三大王統まつり(第22回太鼓カーニバル) 19:15~20:25
沖縄県建設業協会浦添・西原支部 & 大成ホーム ほか13社 プレゼンツ花火ショー 20:30~

引用元:浦添市

本番一日目から楽しいイベントてんこ盛りですね!

人が集まってくるのがだいたい17:00過ぎぐらいからなので、まずてだこ火点火式が盛り上がりますね。

その後のゲストライブでクールダウンとヒートアップを繰り返し、浦添三大王統まつりでさらに盛り上がり、最後の花火で最高に盛り上がりを見せる流れですね。

 

個人的には「浦添三大王統祭り」がオススメです。

浦添の琉球王国設立以前の歴代3王(舜天王 しゅんてんおう・英祖王 えいそおう・察度王 さっとおう・)を称える祭りで、空手、エイサー、旗頭、獅子舞など、沖縄を代表する迫力ある豪華な演武を見ることができます。

ラストに出演者と観客が入り混じるカチャーシー(沖縄の踊り)は最高にテンションが上がりますよ!


最後に10/28(日)本番ラスト!

初めから終わりまで最高に盛り上がること間違いなしの一日です。

てだこ演舞まつり

  • 自治会演舞
  • 青年エイサー
  • 伝統芸能
  • 市内団体演舞
  • 婦人総踊り
  • ダンス・バトン等

 

まつり開会宣言 15:50~ メインステージ/ANA FIELD 浦添(浦添市陸上競技場)
①浦添市公立保育所 16:00~
②浦添市学童保育連絡協議会 16:10~
③伊祖旗頭保存会 16:20~
④浦添市青年連合会 16:30~
⑤前田棒保存会 16:40~
⑥経塚自治会(経塚金鼓隊) 16:50~
⑦浦添今村組 17:00~
⑧浦西青年会 17:10~
⑨JICA沖縄 17:20~
⑩沖縄ゴールデンハーツシャイニング 17:30~
⑪浦添市民踊団体連絡協議会 17:40~
⑫ティーダ太鼓うちま&ニヌファ太鼓 17:50~
⑬浦添高校ダンス部 18:00~
⑭Tida Baton Team Okinawa 18:10~
⑮浦添市婦人連合会 18:20~
ゲストライブ(大城 バネサ、5th Elements) 18:40~19:20
スペシャルライブ(シークレットゲスト???) 19:30~20:20
市民総踊りカチャーシー 20:20~20:25
まつり閉会宣言 20:25~20:30
沖縄県建設業協会浦添・西原支部 & 大成ホーム ほか13社 プレゼンツ花火ショー 20:30~

引用元:浦添市

やはり盛り上がるのはライブです!

今回はスペシャルライブがあるということで、誰が来るんでしょうか...楽しみですね!

また見逃せないのはやっぱり花火!最終日は気合が違います。

詳しくは次の見出しで!

てだこまつり2018の花火の数や穴場は?

てだこまつりのメインイベントである花火ショー。

特にフィナーレの花火は毎年息をのむほどの美しさで、打ちあがる数分間見惚れてしまうこと間違いなしです。

打ちあがる花火の数はなんと1,100発!(2017年度実績)

ハード型や、スマイル型などの遊び心溢れる可愛らしい花火も多数打ちあがるのでいつまでも飽きない花火となっていて、子供から大人まで楽しめるでしょう。

普通に会場内で見るのも綺麗ですが、今回はとっておきの穴場スポットを教えちゃいましょう。

1.賀数高台公園


てだこまつり会場から約7分のところにある公園で、名前の通り高台にあるので花火が良く見えてオススメです。

公園といえどほぼ山ですので虫よけスプレーを忘れずに。

2.伊祖公園

てだこまつり会場から車で4分の場所にある浦添大公園。

「てだこまつりの花火と言えば浦添大公園!」と言われるほど有名な穴場スポット。

「有名すぎてもはや穴場ではないのでは?」という声も聞こえるが、意外と人がたくさんいるわけではない。

なので僕は逆穴場と呼んでいます。

3.浦添運動公園の遊具の上

会場内ですが、個人的にオススメです。

遊具の周りにはたくさん人がいますが、遊具の上にまで来る人はあまり見かけません。(僕の経験上です。)

 

しかし最大の弱点として、花火が綺麗すぎて途中で切り上げられなくなり、結果渋滞に巻き込まれるということですね。

自分の中に芯があり花火の途中でも見惚れずに帰れる人や、「渋滞なんてへっちゃらさ!」という謎の自身に満ち溢れてる人にはオススメの穴場ですね。

まとめ

今回は「てだこまつり2018のプログラムや前夜祭は?花火の数や穴場も!」ということでお送りしてきましたがいかがだったでしょうか。

 

てだこまつりの日程ですが、今年は全国各地で記録的な猛暑日が続き、熱中症及び命の危険に関わる暑さになる可能性があるということから、冒頭でも説明した通り、7月→10月の開催になりました。

この日程の変更は個人的には大賛成で、例年のてだこまつりは7月の夕方から夜にかけての開催だったんですが、暑いこと、暑いこと!!

ただでさえ気温が高く、夜になっても熱帯夜が続くシーズンなのに、恐ろしい人の数でさらに気温は上昇し、楽しむ余裕すらままなりません。

 

なので10月の少し涼しくなった時期に開催することで、さらにてだこまつりを楽しめるようになったのではないでしょうか。

しっかりとお目当てのプログラムの時間を把握し、メインイベントである花火も穴場から存分に楽しんでくださいね!

 

それでは今回はこちらで以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です