谷川岳紅葉2018の混雑回避法や駐車場は?見頃や色づき状況も!

スポンサーリンク







こんにちは!Shunです。

2018年も10月になって少し肌寒くなり、一気に秋らしくなってきましたね。

個人的に春と秋が過ごしやすくて好きなのでテンションが上がっています(笑)

 

そして秋と言えば「紅葉」ではないでしょうか。

この時期は紅葉が色づいてくる季節なので、全国各地で紅葉イベントが行われていると思います。

 

そこで今回は群馬県と新潟県の県境に位置する、日本百名山の一つである「谷川岳」の紅葉を紹介しようと思います!

谷川岳は紅葉の美しさもさることながら、東麓(山の東側のふもと)には日本三大岩壁の一つで、アルピニスト(高度な技術を持った登山家)に愛される一ノ倉沢があり、岩壁と紅葉のコントラストでさらに美しくなっております。

そんな谷川岳の紅葉を100%楽しんでもらうため「谷川岳紅葉2018の混雑回避法や駐車場は?見頃や色づき状況も!」という内容でお送りしたいと思います!

それではどうぞ!

スポンサーリンク

谷川岳紅葉2018の混雑回避法や駐車場は?

谷川岳は関東でも大人気の紅葉名所となっていますので、混雑は必至です。

谷川岳の紅葉を見るには谷川岳ロープウェイを使用し天神平まで登る方法が一般的ですが、例年紅葉の時期は30分~1時間かからないぐらいは待ちます。

主に上り時間は9:00~11:30ごろ、下りは12:00~14:00ごろが混雑ピークとなっています。

混雑回避方法として、谷川岳ロープウェイの営業時間は8:00~17:00(土・日・祝7:00~)からなので。営業時間までにはに並ぶことと、平日に見に行くことですね。

やはり週末の込み具合はレベルが違いますの注意が必要ですよ!

また後々紹介いたしますが、あえて見ごろの時期をずらす方法もあります。

 

続いて駐車場ですがやはり紅葉名所ですので、しっかりとありました!

そしてかなりの数が駐車できます。

立体駐車場:1000台 屋外駐車場:500台

駐車料金:500円

計1,500台の駐車スペースががあるので安心かと思いますが、紅葉シーズンは混雑するので注意が必要です。

駐車料金は1日の料金なのでとっても良心的ですね。

また、立体駐車場1Fの平置き駐車場(100台)と、第3駐車場(400台)は営業時間前でも駐車が可能となっているので、朝早くに駐車して仮眠を取って、谷川岳ロープウェイにオープン前に並べば混雑回避できますね!

谷川岳紅葉2018の見ごろや色づき状況!

谷川岳の紅葉は例年10月初旬に色づきが始まり、10月中旬~10月下旬が見ごろのピークを迎えます。

谷川岳天神平の公式アカウントより10/8日現在より見ごろだと確定してますね。

ということは週末は混雑が予想されますので、混雑回避方法を頭の片隅に入れて美しい谷川岳の紅葉を見に行くといいでしょう。

 

現在の色づきあいとしては、鮮やかさが増し、色づいてる葉とそうでない葉の対比が美しいそうです。

見ごろの場所と、見ごろになろうと頑張っている場所があるということですね。

谷川岳ロープウェイから見える紅葉はまだ完全に見ごろではないかもしれませんが、紅葉の成長の度合いを見れるという点では、楽しめるかもしれませんね!

しかし山頂付近では、少し霧がかっている日が多いらしく、紅葉が少し見づらいそうです。

まとめ

今回は「谷川岳紅葉2018の混雑回避法や駐車場は?見頃や色づき状況も!」という内容でお送りしてきましたがいかがだったでしょうか。

 

谷川岳の紅葉は毎年大人気の紅葉名所となっていて、その美しさは初見で綺麗に見えると涙が出るくらいのの美しさです。

今回の記事で紹介した混雑時間や混雑回避方法を参考に紅葉鑑賞を大いに楽しんでくださいね!

またどうしてもスムーズに行きたいけど早起きは苦手...という方は、ギリギリ綺麗に見れる11月上旬に行くと、とてもスムーズに紅葉鑑賞できるのでオススメですよ!

 

それでは今回はこちらで以上になります。

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です